中国からの視察団の方々に、6次産業化について講演させていただきました。

 

先日、六次産業化について日本へ学びに来た中国の視察団の方々へ、代表の北川が講演をさせていただきました。

 

視察に来られたのは中国で農業関連企業をされている経営者の方々で、忙しいスケジュールの中このような機会をいただきました。

 

 

 

テーマは『日本の6次産業化とMISOSOUPの支援事例』。

 

日本が直面している様々な課題は、高度成長をしている中国がこれから迎えるであろうという仮定をし、

 

  • 6次産業化がどう課題解決に繋がるのか
  • 6次産業化における失敗例、成功例
  • 6次産業化をサポートする企業がしていること

 

といった内容をお話させていただきました。

 

わざわざ日本へお越しになっていることもあり、大変関心を持って聞いていただきました。

 

 


プレゼンが終わった後、いくつか質問が出ました。

 

「サポートする側はどこで利益を生むのか」

 

「六次産業化をするメリット、デメリットはなにか」

 

「チャレンジするところは大きな会社ばかりなのか」

 

どの質問も回答にご納得いただけたようで、最後には満足した表情をしていただけました。

 

 

 

さっそく具体的な話をいただき、中国に訪問することになりました。

 

 

中国でも六次産業化が進むことを願っています。

 

日本までお越しいただき、誠にありがとうございました!