農業ワールドで6次産業化について講演させていただきました。

 

こんにちは、MISOマガ編集部です。 

 

先日2017年10月に国際会議場で開催された農業ワールド(6次産業化EXPO)の特別講演にて、弊社代表の北川が登壇し、6次産業化についてお話させていただきました。

 

300人は入るような大きな会場で開かれていたいたのですが、どの講演者も豪華なメンバーで、毎回会場はいっぱいになっていました。

 

 

どの講演者もとても魅力あるお話をしている中、「果たしてMISOSOUPの講演は聞きにきてくれるのか」と不安でしたが、予想に反して大勢の方が来てくださいました。

 

開場前から並んでくださってる人もたくさんいました。

 

 

 

テーマは『次世代生産者が取り組む6次産業化事例』ということで、弊社でプロデュースさせていただいている高清水養豚組合の邊見さん、PAKUCI SISTERSの立川さんにもご登壇いただき、対談の形でお話しました。1/5

受講者数: 326 名

 

主に、 

  • 取り組み事例(立ち上げ〜現在)
  • 6次産業化の困難さ
  • 6次産業化をする際必要なこと、失敗する原因
  • 6次産業化に対する覚悟

といった内容を3名でマイクを回しながら話しました。

 

6次産業化に興味ある生産者や、農業関連企業、自治体の方々がご来場し、真剣な表情で聞いておられました。

 

こちらの熱い想いが伝わったのか、ありがたいことに多くの感想をいただきました。

 

「現在取り組んでいる生産者の生の声が聞けてよかった」

 

「今取り組んでいる6次産業化のヒントが見えた気がした。ありがとうございました。」

 

「3名とも事業に対しての覚悟がすごかった」

 

「イメージしづらい6次産業化についてよく理解できた」

 

 

こちらの想いが伝わってよかったです。

 

 講演後には多くの方が名刺交換の列に並んでいただき、反響の大きさを感じました。

 

 

また、次のようなご意見もいただきました。

 

「少し精神論すぎると思った」

 

「実際取り組んでいる細かい内容を聞きたかった」

 

「ノウハウみたいなものが聞きたかった」

 

貴重なご意見ありがとうございました。

 

時間の都合上、または生産者によって異なる施策が多いことなので、講演では想いや覚悟について取り上げさせていただきました。

 

6次産業化には必勝の成功法などはありませんが、個々の施策についてお話できることはありますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

 

 

農業ワールドの運営の皆様、今回は貴重な機会をいただきありがとうございました!

 

これを機に、多くの方が6次産業化に取り組んでいただけることを願っております。

 

 

あまり時間がなく、皆様にご挨拶ができなかったのが残念でした。

 

当日来れた方も来れなかった方も、講演の内容や6次産業化に興味がありましたら、いつでもMISOSOUPへお問い合わせください。

 

お待ちしております。