関西農業ワールド2018(6次産業化EXPO)に出展してきました。

 

こんにちは!MISOマガ編集部です。

 

2018年5月9〜11日に開催された『関西6次産業化EXPO(農業ワールド2018)』に出展してきました。

 

 


農業ワールド2018とは

2018年5月9日(水)~11日(金)にインテックス大阪で開催された、アジア最大規模の農業の展示会。

「6次産業化EXPO」「農業資材EXPO」「次世代農業EXPO」の3つにエリアで農業に関する様々な企業が出展する。

全国から農業に関連した企業が集まり、情報交換したり、新しいサービスを紹介している。


 

 

今回ブースに立ったのは、MISO SOUPのプロデューサー4名とインターン2名、パクチー生産者の立川さんの計7名。

 

MISO SOUPに興味を持ってくれた生産者に向けて、7名全員でサービスのご紹介をさせていただきました。

 

目に見えないサービスなので、うまく説明できたか不安ですが、私たちの一次産業への熱い想いは伝えられたつもりです!

 

 

昨年よりも知名度が上がっているのか、弊社のブースを目指して来てくれる方もたくさんいらっしゃいました。

 

本当にありがとうございます...!!

 

ブースに立ち寄っていただいた方には、「生産者の生の声」のパネルはもちろん、今回初めて作った「全国どこでもプロデュース!全国事例マップ」が特に好評でした。

 

私たちが東京の企業ということもあり、現地に来てくれるかどうか、自分の地域で事例があるのか気になるようでした。

 

 

左:生産者の生の声  右:全国生産者マップ

 

2日目には代表の北川の特別講演がありました。

 

「次世代生産者が取り組む6次産業化」というテーマで、200名近くの前でお話させていただきました。

 

 

6次産業化が提唱されてから何年か経ち、成功事例や課題が見えてきました。

 

提唱当時とはマーケットも、使えるツールも変わってきている中、2018年現在の6次産業化について改めて考え、「次世代生産者が目指すべき6次産業化の形」をお伝えしました。

 

これから6次産業化に取り組む皆様の参考になると幸いです。

 

 

 

今回の展示会では新サービス "ファームメイト" をご案内しました。

 

ファームメイトは、MISOSOUPのプロデューサーが農園のチームメイトになるサービスです。

 

マーケティングやブランディングの担当者がいない生産者の下で、私たちが専属マーケティング担当者となって活動させていただきます。

 

おかげさまで大反響いただき、いくつかの農園のファームメイトとして動き出すことが決定しました。

 

みなさま、ありがとうございました!

 

 

まだホームページにサービスを公開していませんので、気になる方はお問い合わせください。

 

 

今後もどんどん生産者のためになるサービスを生み出し、ご紹介してまいります!

 

この記事を読んでいただいた方も、「こんなサービスあったらいいな」「こんなことで悩んでいる」「こんなことやりたい!」という意見がございましたら、ご連絡ください。

 

次は10月の東京の農業ワールドでお会いしましょう!