農家も漁師も使える補助金・助成金【2019年度】

 

こんにちは!

MISOマガ編集部です。

 

突然ですが、農家や漁師が使える補助金・制度って何があるかすぐわかりますか?

 

  • 農業次世代人材投資事業
  • スーパーL資金
  • 農業近代化資金
  • 経営体育成支援事業
  • 産地パワーアップ事業
  • 農の雇用事業

これらを思いつく人が多いでしょう。

 

すでに活用している人も多いかもしれません。

 

 

しかし、補助金はこれだけではないんです。

 

この記事では、農業者・漁業者も使える「一般的な中小企業に出ている補助金」をご案内します。

 

来年度やりたいことがある場合、補助金を利用してより大きな一歩にしてくださいね!

 

農家も漁師も使える!補助金・助成金ガイドのバナー

ものづくり・商業・サービス補助金

 

まずはものづくり・商業・サービス補助金のご案内です。

 

通称「もの補助」と呼ばれるこの補助金は、新しい取り組みや最新の設備を導入する際に使える補助金です。

 

対象

 

中小企業、小規模事業者

 

 

 

補助額、補助率

 

◆一般型

 補助率 1/2

 上限額 1,000万円

 

◆小規模型

 補助率 2/3

 上限額 500万円

 

◆企業間データ活用型

 補助率 1/2

 上限額 2,000万円/者

 

 

対象経費

 

◆一般型

 機械装置費・技術導入費・運搬費・専門家経費・クラウド利用費

 

◆小規模型

 機械装置費・技術導入費・運搬費・専門家経費・原材料費・外注加工費・委託費・知的財産権等関連経費・クラウド利用費など

 

◆企業間データ活用型

 機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費

 

 

 

 

IT導入補助金

 

 

続いてIT導入補助金です。

 

これは中小企業・小規模事業者が課題に合ったITツールを導入し、業務効率化・売上UPを目指すための補助金です。

 

 

対象

 

 

中小企業、小規模事業者 

 

 

 

補助額、補助率

 

補助率 1/2  

 

 

上限 450万円

下限 40万円

 

 

対象経費

 

 

ホームページ制作・ネットショップ制作・農業クラウドサービス・会計ソフト・顧客管理システム・コミュニケーションシステム  などの導入費用

 

 

 

小規模事業者持続化補助金

 

小規模事業者持続化補助金は、採択企業の96%が売上が向上している補助金です。

 

商工会と共に経営計画を立て、販路開拓をする際の費用を補助してくれます。 

 

 

対象

 

 小規模事業者

 

 

 

補助額、補助率

 

補助率 2/3

 

補助上限 50万円(複数事業者の場合、50万円×事業者数) 

 

 

対象経費

 

販路拡大に繋がる取り組み。

ホームページ制作やパンフレット制作、店舗内装の改装など

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

使えそうな補助金は見つかりましたか?

 

発表され次第、どんどん情報を追加していきたいと思います!

 

 

 

補助金のために行動するのはおすすめしませんが、やりたいことがあり、それをより大きくやるために補助金を使うのは一つの有効手段です。

 

補助金は時期が決まっているため、準備をしていなければ間に合いません。

 

やりたいことがある場合、今から準備をしておきましょう。

 

 

 

MISO SOUP公式LINEにぜひご登録ください!6次産業化ノウハウ&お役立ち情報をお届けします!

友だち追加

選ばれ続ける農家のマーケティングパートナーFarmMateのバナー