え!?そんなものも食べられないの!?卵アレルギーの世界 〜6次産業化に取り組むなら必ずチェック!〜

 

現在、日本の子供の40〜50%に一人はアレルギーを持っていると言われています。

 

その中でも、特定の食物を食べると症状が出るのが、『食物アレルギー』です。

 

卵、牛乳、小麦、そば、えび、かに、ピーナッツ…。様々な食物アレルギーを持つ人がいます。

 

 

実は私、卵アレルギーです。生まれてこの方、卵かけご飯もショートケーキもメロンパンも食べたことがありません。

 

今日はそんな、卵アレルギーの世界を、食に携わるみなさまに紹介したいと思います。

 

 

卵アレルギーはみんな「きのこ派」!?

 卵が食べられないと、様々な「食」が制限されます。

 

それは単純にオムライスが食べられないとか、天津飯が食べられないとか、そういう「卵料理が食べられない」ということではありません。

 

 

 例えば、有名なお菓子「たけのこの里」と「きのこの山」。

 

「たけのこ派?きのこ派??」という論争があるあのお菓子ですが、卵アレルギーの人間は全員絶対に「きのこ派」です。

 

 

 なぜなら、「たけのこの里」には卵が入っているから!

 

 「たけのこの里」のビスケットの部分には卵が使われていて、それによって『サクサク感』を出して美味しくしているんですね。

 

だから、卵アレルギーの人は、卵が入っていない「きのこの山」しか食べられないのです。

 

出典:https://www.photo-ac.com/

こんなものにも!?「つなぎ」で使われる卵!

ショートケーキのスポンジにも、スポンジをふわふわにするために卵が使われています。

 

こんな風に、「美味しくするための一工夫!」や「つなぎ」として卵が使われている食品は非常に多いです。

 

 他の例としては「ハンバーガー」があります。

 

「ハンバーガーのどこに卵が使われてるの?」と思う人もいるかもしれませんが、実はパンの部分に含まれている場合が多いんですね。

 

パンを柔らかくしたり、テカりを出したりするのに使われているそうです。

 

同じように「ステーキ」も、卵を入れることでお肉を柔らかくする場合があり、それらは食べることができません。

 

 

出典:https://www.photo-ac.com/

進めよう!低アレルゲン対応!

この様に、様々な食品が食べれなくなってしまう食物アレルギーの人のために、現在「低アレルゲン」の食品が増えています。

 

アレルギーの原因になる食品をあまり使わないで作られる食品です。

 

また、卵アレルギーのために「卵を使わないプリン」とか「卵抜きクッキー」などの販売も進んでいます。

 

 これから6次産業化を行う人は、アレルギーについても対策をお忘れなく!

 


この記事を読んだ人にオススメ!

誰も教えてくれない、6次産業化の二つの課題

 

関連リンク

食物アレルギーねっと