知らないと損! ?クラウドファンディング活用でコロナ危機を乗り越えよう!

 

こんにちは!MISOマガ編集部です。

MISOマガではこれまで新型コロナウィルスの影響で売上や販路に困っている生産者さんを応援する様々なプロジェクトや企業の取り組みをご紹介してきました。

生産者さん自らが主体となってこの危機に立ち向かうためにできる取り組みの一つとして、今回はクラウドファンディングの活用をご紹介いたします。
コロナの影響を受けている生産者さんや事業者さんを支援するための、特別な取り組みを行っているクラウドファンディングもありますので、ぜひこの機会に活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

クラウドファンディングとは?

 

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネット上で自分のやりたい事をプロジェクトとして掲載し、賛同してくれる不特定多数の人から支援を得る方法です。

 

「こんな商品・サービスを作りたい」「世の中のこんな問題を解決したい」といったアイディアや想い持つ人なら誰でも実行者として発信でき、想いに共感し「応援したい」「商品・サービスを試してみたい」と思った人なら誰でも支援者として支援することができます。

 
「思い」や「アイデア」をベースに低リスクでアイデアの実現に取り組むことができるのがクラウドファンディングの特長です。

※クラウドファンディングについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

どのように活用するの?

 

活用法①:売上減少や販路減少の支援として
販路を失って余ってしまった野菜を詰め合わせにしたり、傷モノ・規格外野菜や今後収穫される農産物を支援に対するリターンとして提供する。

活用法②:商品PRとして
加工品として開発した商品を多くの人に知ってもらうために支援を募集する。生産品の良さや特徴をクラウドファンディングを通して発信し、興味や関心が高い消費者と繋がり、コアなファンになってもらうことができる。

活用法③:活動資金の調達として
農業体験や農家民泊、試食会など消費者向けイベントを開催し、参加者を募集する。新規事業やプロジェクトを実施するための資金を事前に得ることができる。

 

新型コロナウィルス関連のクラウドファンディング各社の取り組み

 

CAMPFIRE
多くのメディアに取り上げられて、有名人も多数利用する、日本最大のクラウドファンディングサイト。

 

新型コロナウイルスサポートプログラム
https://camp-fire.jp/channels/covid-19-support
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、イベント中止・自粛を発表したアーティストやイベント事業者、予約キャンセルが相次ぎ来店客数が著しく減少した飲食店舗・宿泊施設などをはじめ、経営に大幅な支障をきたした事業者を対象とするクラウドファンディングを通じた支援プログラムを開始。支援金振込時に掛かるサービス手数料が通常12%→0%となり、決済手数料5%のみでクラウドファンディング実施が可能となります。

 

READYFOR
認定NPO法人、自治体、学校法人など、公益的な活動を行うプロジェクトから、社会貢献、クリエイティブ系まで多種多様なプロジェクトを扱う、日本最大級の総合クラウドファンディングサイト。

 

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金
https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund
日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・団体・事業者・医療機関・自治体等に対して、活動費用を助成する基金を設立。助成を必要としている団体を公募・審査の上、支援者からの寄付を活動資金として届けています。

 

その他生産者さんにおすすめのクラウドファンディングサイト

 

makuake
株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングが2013年8月にリリース。 飲食店や日本酒、ファッションなどさまざまなジャンルで国内資金調達金額No.1のプロジェクトを掲載しています。

 

クラウドマルシェ by マイナビ農業
農業専門メディア『マイナビ農業』が運営する農業特化型クラウドファンディングサイト。 農業に特化した「支援と交流の場」を提供することで、農業にかかわる皆様の新しいチャレンジを応援しています。

 

ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」がふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディング。自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄附金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄附を募ります。


    

クラウドファンディング活用をサポートします!

 

MISO SOUPは「6つくクラウドファンディング」で一次生産者さんのクラウドファンディング活用を支援しています。


クラウドファンディング支援事例:
百笑倶楽部様

 
内容:
自社の無農薬米を使った一切火入れをしていない生の甘酒「RAW甘酒」の商品化をし、クラウドファンディングで商品のPR、農泊や農業体験イベントの活動支援金を募った。
クラウドファンディング掲載ページはこちら

 

 

 

 

また、今回ご紹介したクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて様々なプロジェクトの支援もしています。
※CAMPFIRE×MISOSOUPのプロジェクト一覧はこちら

 

企画、ページ制作、集客までパートナーとしてご支援いたしますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください!


MISO SOUP公式LINEにぜひご登録ください!6次産業化ノウハウ&お役立ち情報をお届けします!

友だち追加