アジア最大の農業の総合展示会!「農業ワールド」に出展しました【農業ワールド2017 ①】

国内外の農業関連企業が一堂に会する、アジア最大の農業展示会「農業ワールド2017」に、MISOSOUPも出展いたしました!

ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました!

 

今年の会場の様子や農業ワールドでのMISOSPUPの活動をMISOマガでみなさんにお届けしたいと思います。

ご来場頂いた方も、そうでない方も、その楽しさが伝われば幸いです!

 

「農業ワールド」って何?

2017年10月11日(水)~13日(金)に幕張メッセで開催された、アジア最大規模の農業の展示会、農業ワールド。

 

 

今年で7回目を迎え、「農業資材EXPO」「次世代農業EXPO」「6次産業化EXPO」の3つにエリアで農業に関する様々な企業が出展しました。

 

今年は海外企業を含め、なんと700社以上が出展!農業に関するありとあらゆる製品・サービスが幕張メッセに集結しました。

 

全国から農業に関連した企業が集まり、情報交換したり、新しいサービスを使い始めようとしていました。

農繁期にも関わらず、来年度から一歩前進した生産を目指す生産者が、加工機械を見たり、ITサービスの情報を仕入れていました。

 

今回MISOSOUPは、その中で「6次産業化EXPO」に参加させていただきました。

 

 

どんな人が来場していたのか?

 

北は北海道から南は沖縄まで、農業ワールドには日本全国から農家や農協・農業参入検討企業など、本当に多くの人が訪れていました。

 

MISOSOUPのブースにも様々な人がいらっしゃいました。

 

専業農家・兼業農家、これから農業をやろうとしている方、もう6次産業化を取り組んでいる方、6次産業化はまだまだ検討段階、といった方など。

 

他業種だけど6次産業化に注目している企業、地方創生に携わる中で6次産業化という選択肢を見たい方、海外の方も多くいらっしゃいました。

「6次産業化は、こんなの多くの人に注目されているんだな」

と、改めて感じさせられました。

 

 

MISOSOUPは何を紹介していたのか?

 

私たちMISOSOUPは6次産業化を一貫してプロデュースするサービス、「6つく」を紹介させていただきました。

 

食品を加工する機械を紹介している企業が多い中、私たちは「プロデュース」という形のないものを紹介をしていたので、珍しく見られたのかもしれません。

多くの方が足を止めてパネルを見ていただきました。

 

また、パネルにも写っている、高清水養豚組合の邊見さんPAKUCI SISTERSの立川さんにもブースに立っていただき、「6つくを利用した生の声」も多くの人に届けることができました。

 

3日目には、弊社北川が邊見さん立川さんとともに、500人規模の特別公演をさせていただきました!

 

多くの方にサービスを知っていただけただけでなく、私たちもサービスの改善に繋がりそうな意見をいただける場となりました。

 

ご来場いただけた方々に、価値を提供していけるよう、今後もサービスを作り続けていきたいと思います。

 

 

次は大阪の農業ワールドに参加決定しています!(2018/5/19〜5/11)

http://www.nogyoworld.jp/

 

MISO SOUPのブースにぜひ足をお運びください。

お待ちしております。

 

↓パネルの生産者も応援に駆けつけてくれました!