手前味噌ではありますが、今回はMISO SOUPがどんな会社なのかをご紹介します。

6次産業化の売り上げのうち2%程度の割合を占めているのが「農家レストラン」です。 農家レストランの数は全国で1500軒以上(2015年 農林水産省データ)で、年々増え続けています。 今日は「いったい農家レストランってなんだろう?」「どうして農家がレストランを開くの??」という疑問にお答えしていきたいと思います。

現在、日本の子供の40〜50%に一人はアレルギーを持っていると言われています。   その中でも、特定の食物を食べると症状が出るのが、『食物アレルギー』です。 この記事では、アレルギーの世界を、食に携わるみなさまに紹介します。

6次産業化の売り上げのうち、1番メジャーなのは農作物の「加工」です。   収穫した農作物をさまざまな形で加工する、というものですね。   この「農作物の加工による販売金額」は、第6次産業全体の販売金額の45%にあがります。     現在日本ではどのような「農作物の加工」が多いのでしょうか? この記事では、加工品ランキングベスト3を紹介したいと思います!

最近よく聞くようになって来た6次産業化ですが、6次産業化が盛んな地域はどこなのでしょうか?   農林水産省のデータを元に、様々な面から6次産業化が盛んな都道府県を見つけました。

昨今、取り組む事業者の数が増加傾向にある6次産業化ですが、事業者はなにを目的に6次産業化を行うのでしょうか?日本政策金融公庫のアンケートをもとに考えてみました。

6次産業化はどれくらい日本全国に広まっているのでしょうか?取り組む人の人数は増えているのか?どれくらいの市場規模なのか?? 農林水産省の発表しているデータを元に考えてみました。

『6次産業化』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 人によっては「六次化」「第6次産業」と呼ぶ方もいますが、これらはどんな産業なんでしょうか?

さて、自分の作った産品を、加工や流通販売まで自分たちの手で行うことで高く販売することができる6次産業化ですが、まだまだ挑戦する人の数が少なく、成功例も多いとは言えません。 なぜうまくいかないのでしょうか?   私が色々と原因を探すうちに、6次産業化において、大きな2つの課題が見えて来ました。